失業保険をもらう

失業保険はハローワークが提供している物であり、一定の期間働いている方に対し次の仕事が見つかるまでの間に支給が受けられるようになるというサービスです。失業保険は解雇されたか任意退職かで大きな違いが存在し、解雇された場合は申請することによってすぐに支給されるようになります。

どこで申請できるの?

 

ハローワーク


申請条件は?

 

離職する前の2年間の間に被保険者(失業保険の)期間が12ヶ月以上あること


 

一方任意退職で失業保険を受けられる状態の場合、一定の期間は受けられないままとなりその後は条件によって支給するかどうかの判断が行われます。

 

条件としては、就業へ向けた実績を一定の回数作ることが必要となり、ハローワーク側が提示している条件を元に色々な形で相談や応募、セミナーを受けると支給条件が整います。

 

1ヶ月で2回以上の実績を作ることが必要となりますので、必ず何らかの方法で2回くらいの実績を作ってください。そして指定された日にハローワークへ行って、条件が満たされているかのチェックを行います。

 

チェックを受けることによって、支給条件が満たされているかの判断が行われ、判断されれば数日以内に振込という形で失業保険が手に入ります。

どんなメリットがあるの?

 

次の仕事が見つかるまでの間に生活費の支給が受けられるようになる


 

支給される金額は人によって変わってきますが、ある程度給料の高い所で働いていると支給される失業保険もそれなりに多くなります。(失業保険の支払額が多いほど支給額が多い)

 

大体貰っていた給料の7割近くが支給されるものと考えて、後は条件を満たしていくことになります。

 

なお一定期間を過ぎると支給されなくなってしまいますので、自分がいつまで支給される対象なのかを知らなければなりません。しっかり雇用保険を納めながら就労していた方は離職後もお金を借りることなく求職活動できるシステムです。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関