臨時特例つなぎ資金貸付とは?

離職などが原因で住居を失い、しかもその後の生活維持が困難である離職者はその状況に応じて政府からの生活支援金を受け取ることができます。

 

しかしこうした支援金の申請から実際にお金を受け取るまでには多少の時間がかかることがあります。このようなケースで支払われるのが臨時特例つなぎ資金です。

どこで申請できるの?

 

この援助金の申請窓口は市町村の社会福祉協議会です。


 

それで臨時特例つなぎ資金貸付を希望される場合はまず市町村の社会福祉協議会の窓口で借入申込書を受け取って記入します。そしてそれに加えて公的給付や貸付の申請が受理されていることを証明する書類と借入申込者の名義の金融機関の預金通帳を窓口にもって行きます。

 

そこで借用書を渡されますので必要な箇所に印鑑を押して申し込みが終了します。

申請条件は?

 

貸付の対象となるのは住居のない離職者で公的な給付や貸付などの申請が既に受理されているもののそれらの給付が開始されるまでの間生活が非常に苦しいという人です。


 

また本人名義の口座を持っていることも貸付の条件に含まれています。また他の公的援助とは違って連帯保証人は必要ありません。たいていの場合は臨時特例つなぎ資金貸付は一時的で短いものです。そのため貸付利子は発生しません

どんなメリットがあるの?

 

これは上限を10万円とした援助金を受けるまでの生活費であって返済が求められる援助金です。


 

このように公的援助金を受け取るまでの間の援助金があるわけですから、必要な人はこのような取り決めに感謝しつつ利用することができます。住居のない離職者ではカードローンなどではお金を借りれませんので対象の方は利用を検討してみましょう。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関