株価の動きを見ると企業の動きが分かる

株価はデイトレ・保有目的と様々な売買により変化する

株価というものは毎日、常に動き続けているものです。企業の株式保有についても

  • 提携関係にある企業
  • 融資を行っているメインバンク
  • そのほかの金融機関
  • 大株主
  • さらには個人投資家

とさまざまです。また、それぞれが長期保有、短期保有というさまざまな形態で保有しています。そんな中で株価が動くというのはもちろん、売り買いが発生しているからにほかなりません。

株価は基本売られると下がり買われると上がる

基本的には株式が売られると株価が下がり、株式が買われると株価が上がるというのが基本的な動きになります。その売り買いのベースとなるのが

  • 企業のガバナンス
  • 商品発表
  • 提携情報
  • 不祥事
  • 決算発表

という出来事になります。例えばわかりやすいのが企業の決算発表です。好業績であれば、その企業の株式が買われることが多くなり、株価は必然的に上がることになります。

 

逆に決算発表の結果が悪いと先行き不安を感じて、株価が売られて結果的に株価が下がることになるわけです。個人投資家の中でも企業の情報、業界の動きに詳しい人であれば、前述のような企業活動を予測して売り買いをしていることもあります。

大株主は企業から大事にされる

これが大口の株主になると株価に影響が出るため、企業としても大株主は大事にしておかねばならないということになります。

 

多少の株価の動きは必然的に発生するものですが極端な売り買いが発生するようなストップ高、ストップ安という事象が発生するような動きが頻繁に発生するようではあまり好ましい株価の動きとは言えません。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

株価の動きを見ると企業の動きが分かる関連ページ

株式投資とは?
株式投資を始めるために必要な資金