総合支援資金貸付とは?

総合支援資金貸付の基準は、定職がなくなってしまったなどの失業が原因で、日々の生活をしていくのが困難に陥ってしまった方にお金を貸付けるというもので、生活支援費という名目で厚生労働省で支援されている制度。

 

並行して社会福祉協議会とハローワークのサポートを受けながらおこなっていきます。

どこで申請できるの?

 

申請窓口は市町村の社会福祉協議会


申請条件は?

 

定職がなくなってしまったなどの失業が原因で、日々の生活をしていくのが困難に陥ってしまった方で、住居を持っていることが条件となっています。


 

住居が無い場合は住宅支援給付を利用して入居する賃貸住宅の住所を申請します。この住宅支援給付金には、入居時に発生する敷金や礼金などの費用を含んでいます。

 

また雇用保険や年金などの公的給付や貸付が可能な方はこの制度の利用はできません。申請の申込み基準にはいくつか条件があり、低所得者世帯、本人確認書類の提出が可能であるなどの項目があり、原則連帯保証人が必要

どんなメリットがあるの?

 

生活支援費を借りる事ができる。


 

連帯保証人の用意ができる場合に限り貸付利子は無利子となります。連帯保証人がいない場合でも貸付は可能ですが利子が年1.5%発生します。この総合支援貸付金には上限があり、2人以上の世帯でひと月20万円以内、単身者は15万円以内、最長で12ヶ月です。

 

住宅入居費は、家賃以外の賃貸契約費として40万円以内、一時生活再建費として公共料金の立て替えや就職活動費、債務整理手続き費などがあたりますが60万円以内となります。

 

債務の返済は対象外となりますので注意が必要。社会福祉協議会の審査に通過し貸付が決定すると、住宅入居費は不動産会社・大家の口座に振り込まれ、それ以外の現金は本人の口座に振り込まれます。

 

生活が困窮した時にお金を借りる前に知っておけば対象者はお金を借りなくても済みます。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関