公衆接遇弁償費で交番でお金を借りる

あまり知られていないが交番でお金を借りることができる

  • 出掛け先で財布を紛失又は盗難に遭って交通資金が全く捻出できなくなったり
  • 路上の負傷者の救護に必要な資金が足りない時

など、致し方ない事例に限り

 

 

交番では公衆接遇弁償費として最高1,000円までの貸付を行ってくれます。


今時いないでしょうがアナログな方には便利な制度

特に携帯電話はおろかクレジットカードやカードローンのカードも所持していない、全くの一文無しの状態の人が公衆接遇弁償費の制度を利用すると、少なくとも帰りの片道交通費や家族に連絡する電話代、医療費の一部などの充てる事ができるので、この上ないお金が無い時の救済策になります。

 

公衆接遇弁償費の制度を適用させるには、先ずは交番に駐在する警官に正直に財布を紛失した経緯を話し、その事情を聞いてから貸し出しを行うかの判断をします。

最近では借り逃げが多く借りるのも難しくなっている

近年は交番で折角お金を借りたのを良い事に、返済の遅延や滞納したりのトラブルが多いのも現状になっているので、貸し出す審査基準も年々厳しい傾向にあり、何度も悪用すれば詐欺罪などの厳しい罰則もあります。

 

もし家族に車で途中まで迎えに来て貰えたり、タクシーの着払いを使うなど、わざわざ交番でお金を借りなくても解決できる方法があれば他のアドバイスの提案も受ける事もでき、交番の指示には出来る限り従う必要があります。

公衆接遇弁償費で借りれたならすみやかに返済しましょう

もし公衆接遇弁償費の制度を使って交番でお金を借りる事が認められた場合は、公式の書類に名前や住所、連絡先を記入し、同時に速やかに交番に返済する意思を見せないといけません。

 

ちなみに旅先などの遠方でお金を借りる事になった時は、自身の住所近くの交番で代理で返済金の受領を行ったり、銀行口座への振込でも返済を受け付けて貰う事もできます。

 

意外に夜間遅くまで開いている最寄りの交番を探すのは労力を伴うものなので、あくまで公衆接遇弁償費の手段は最後の切り札と考え、普段から自身が着用する衣服に最低限困らない程度の小銭やお札は常時忍ばせておくのがいいでしょう。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関