無職の専業主婦がお金を借りる方法はあるの?カードローンに申込めるの?

無職の専業主婦でも申込めるカードローンってあるの?

残念ながら専業主婦は消費者金融には申込めない

お金を借りることを考えた場合の利用先としては、スピード融資で即日融資の手段も豊富な消費者金融が高い人気があります。消費者金融でも銀行カードローンでも、

 

 

申込条件は毎月安定して収入を得ていることというものがあり、中でも消費者金融には総量規制があることから、無職の専業主婦の場合は融資を申し込むことができません


総量規制がある関係から、貸金業者では仕事をしていない専業主婦については、お金を借りることはできないということになります。

総量規制の対象外である銀行カードローンなら一部専業主婦が申込めるカードローンがある

さきほど説明したように安定した収入を得ていない専業主婦の場合は、消費者金融では融資を申し込むことができません。そのため、専業主婦がお金を借りるための選択肢としては銀行カードローンに相談するというケースが多いのですが、この場合も注意が必要です。それは、

 

 

銀行カードローンの中でも専業主婦が融資を申し込めるところと申し込めないところとがあるからです。


銀行カードローンであれば専業主婦であっても必ず融資を申し込むことができるというわけではありませんので、銀行で申し込みを行うのであれば事前に融資を行っているかどうかを確認しておくようにしましょう。

専業主婦が申込める銀行カードローンは専業主婦専用の借入枠がある

専業主婦でも融資可能な銀行カードローンに申し込む場合、

 

 

気になるのは家族に内緒で融資を申し込むことができるかどうか?


という点です。専業主婦への融資を行っている銀行カードローンの中には家族に知られることなく内緒で申し込むことができるような仕組みが用意されている場合があります。それは専業主婦専用の借入枠(小額)を設ける事によって、

 

 

  • 電話連絡がない

小額の借入枠にすると、銀行側のリスクが軽減されて、

 

 

わざわざ収入のある配偶者(旦那さん)の勤務先へ電話して在籍確認を取ったり、旦那さんの収入証明を提出させたりしなくても審査可能になるのです。


こうした仕組みが用意されているところであれば専業主婦であっても安心して申し込むことができます。

専業主婦の申込は電話連絡・収入証明なしで旦那に内緒で申込める銀行カードローン
申込 電話連絡 金利 専業主婦借入可能額
スルガ銀行リザーブドプラン なし 年3.9%〜14.9% 最高30万円

専業主婦専用の借入枠がある銀行カードローンで即日融資を受けたい

即日融資といえば消費者金融の代名詞ともいうべきサービスですが、銀行カードローンであっても即日融資を受けることができます。その場合の条件としては、ひとつは平日であること。

 

 

銀行の多くは土日祝日は休業日(振込融資ができない)であることに加えて、消費者金融のような自動契約機の用意がありませんので、休業日での即日融資は不可能となっています。


また、平日であっても口座への振込融資の場合は銀行の営業時間内に手続きが完了している必要がありますので、申し込みは早い時間帯で完了していなければなりません。(大体平日正午までには契約完了しておく必要があります。)

 

銀行カードローンであっても即日融資ができないというわけではありませんが、自動契約機があるだけで、即日融資の可能性は土日祝日の曜日に関係なく、申し込みも審査が可能な時間(20時前後までの申込)が可能な消費者金融の方が有利です。

専業主婦申込可能な銀行カードローンの即日融資は2つの方法がある

専業主婦申込可能な銀行カードローンで即日融資を受ける場合というのは、

 

 

  • 振込融資(即日振込)
  • キャッシュカードにローンカードとしての機能を追加する(その銀行の口座が必要)

かのどちらかです。


いずれの場合も注意したいのが融資を申し込んだ銀行で口座を開設する必要がある可能性がありますが、僅かに口座を持っていなくても他行の口座に最短即日振込可能な銀行カードローンがあります

 

その銀行で口座をもっていれば振込融資として即日融資が利用できる可能性がありますが、持っていない場合には融資の実行が遅れるケースも考えられます。

 

ローンカードとしての機能を追加する場合にはATMで借入を受けることができますが、この場合は機能が反映されるまでに若干の時間を必要とします。いずれにしても銀行カードローンで即日融資を希望するのであれば、専業主婦申込可能なカードローンの中から、

 

 

  • 既にもっている口座に即日振込可能なカードローンを選ぶ
  • どの金融機関でも即日振込可能なカードローンを選ぶ
  • パートで安定収入のある主婦であれば消費者金融を選ぶ

いずれかから選択しなければなりません。

主婦の方で即日融資を希望する方は以下の条件にあったカードローンを選びましょう

※プロミス・アコム・モビット等の消費者金融はパートなどで安定収入が必要です。

申込 専業主婦の申込 即日融資可能な口座 自動契約機 金利 専業主婦借入可能額
スルガ銀行リザーブドプラン 可能 どの金融機関でも最短即日融資 なし 年3.9%〜14.9% 最高30万円
プロミス 申込不可 どの金融機関でも最短即日融資 あり(約2,500台) 年4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 申込不可 どの金融機関でも最短即日融資 あり(約2,500台) 年4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 申込不可 どの金融機関でも最短即日融資 あり(約1,000台) 年3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 申込不可 どの金融機関でも最短即日融資 あり(約350台) 年3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマホでご覧の方はスライドさせることによって表をご覧になれます。

消費者金融に専業主婦が申込めなくなった要因の総量規制とは?

冒頭で説明したように、専業主婦は現在消費者金融で融資を申し込むことはできません。その理由となっているのが総量規制ですが、これは改正された貸金業法の規定のひとつであり、多重債務者の救済を目的として

 

 

借入残高の上限は年収の3分の1までとするものです。


年収そのものがない専業主婦の場合は借入を申し込むことができないということになりますので、消費者金融への申込も手軽にできなくなっています。

実は専業主婦でも消費者金融に申込めるようにする法律がある!?

さきほど説明したように、消費者金融では総量規制の規定がある関係から年収のない専業主婦は申し込むことができません。

 

 

ただし、この総量規制には例外というものがあり、そのひとつに配偶者貸付というものがあります。


これは配偶者の収入と合算してその金額の3分の1を上限として融資を申し込むことができるというものです。つまり、本人に収入がない専業主婦であっても配偶者貸付を利用すれば申し込める可能性があるのですが、

 

 

消費者金融のほとんどはこの配偶者貸付に対応していません。


配偶者貸付を利用するためには、

  • 配偶者の同意
  • 配偶者との婚姻関係を証明する書類

などを提出させるように配偶者貸付では決まっており、更にはいって額以上の借入には配偶者の収入証明も提出させなければなりません。そうなると、

 

 

家族に内緒で申し込みたい・・・


という専業主婦のニーズとも離れたものとなりますので、消費者金融業者の多くは配偶者貸付という仕組みを利用していない考えることができます。

パートで安定収入があるのであればやはり主婦には消費者金融が有利

 

私は専業主婦!?


と思っている方でも、パートで安定収入があるのであれば消費者金融に申込む事が可能です。消費者金融ではパートやアルバイトで収入を得る場合であっても毎月の安定収入と判断してもらうことができますので、収入の少ないパート主婦でも審査能力の高い大手消費者金融ならしっかり審査してもらえます。

 

金利は少々消費者金融の方が高いですが、主婦が借りれる小額なら利息はほとんど変わりませんし、無利息サービスのある消費者金融なら銀行カードローンよりも利息が低くなる場合もあります

 

主婦自身の与信で申込むのでもちろん旦那さんにもバレませんし、即日融資も断然消費者金融の方が可能性も高いので、パート主婦であれば大手消費者金融がいいでしょう。

パートで安定収入がある主婦なら大手消費者金融で申込みましょう
申込 無利息期間 実質年率 借入可能額
プロミス 初回30日無利息サービス※1 年4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 初回30日無利息サービス※1 年4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 最大30日金利ゼロサービス※2 年3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット なし 年3.0%〜18.0% 最高800万円

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可
※2 35日ごと返済を選択した場合に限ります

お金を借りる先を選ぶメニュー目次
今すぐお金を借りたい
収入のない専業主婦OK
パート・アルバイトOK
学生・主婦OK
高額借りたい
在籍確認の電話を回避したい

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関