家を担保にお金を借りる方法

家を担保にお金を借りる手段を選ぶメリットは、

 

 

無担保ローンよりも圧倒的金利が低いことに尽きます。


どこの金融機関に家を担保にお金を借りればいいのか?

住宅ローンを返済中の家を担保にすることはできるの?

家を担保にお金を借りるといってもすでに完済しているというケースは珍しいでしょう。ですので住宅ローンを返済中に担保にすることが出来るのか?という問題に直面します。その答えとしては、

 

 

住宅ローンを返済中の家でも担保として借りれる可能性はあるということです。


住宅ローンを組む際にはその家を担保としているので、住宅ローンを組んだ銀行(金融業者)がまず第一の※抵当権を得ることになります。

抵当権とはローンが支払えなくなった時に、融資した金融業者側に所有権が移る権利。

ですのでその家の担保価値が住宅ローンの借入額以上あった場合や、返済がかなり進んでいる場合などには借りれる可能性があります。

 

ただし二番抵当になってしまうので、貸す側にもリスクが生じるので中小不動産担保融資業者になり、家を担保にお金を借りる一番のメリットである圧倒的低金利という効果が薄れてしまいます。ですのでそういった中小不動産担保融資業者を探す前に、

 

現在住宅ローンを組んでいる銀行(金融業者)に相談してみることをおすすめします。


住宅ローンを組んでいる銀行であれば、もちろん一番抵当権を持っていますし、その担保価値やローン残額も分かっている訳ですから余力があれば当然相談に乗ってくれるはずです。

住宅ローンがないのならまず銀行に相談してみよう

家を担保にお金を借りる場合は、まずは不動産担保ローンに対応した金融機関に相談することから始まります。

 

家などの不動産を担保としてお金を借りる場合というのは、ほとんどの金融機関で取り扱っているオーソドックスなものとなっていますのでまずは自身が現在メインバンクとして利用している銀行に相談してみるといい条件を引き出せるかもしれません。

家を担保にお金を借りる場合の必要書類

不動産担保ローンで家を担保とする場合には本人確認書類に加えて不動産確認書類を添えて申し込む場合がほとんどです。この不動産確認書類とは、担保として設定したい家が自身の所有であることを証明する書類のことであり、ここでは登記事項証明書などがそれにあたります。

 

また、実際に不動産担保ローンで家を担保に入れてお金を借りるという場合には実印や戸籍謄本なども必要となる場合があります。こうした必要な書類や手続きの流れについては実際に不動産担保ローンを取り扱っている業者によって異なりますので個別に確認しておきましょう。

 

 

家を担保にお金を借りる場合の必要書類まとめ

  • 申し込み書類(ネットのフォームの場合もあり)
  • 不動産確認書類(登記事項証明書など)
  • 本人確認書(運転免許証・実印や戸籍謄本も必要な場合あり)
  • 収入証明書(源泉徴収票・所得証明書など)

家を担保にどれくらいのお金が借りれるの?

家を担保にしてお金を借りる場合、融資可能な限度額については

 

 

不動産の評価額のおよそ6割〜7割とされています。


もともと不動産というものが高額で取得する性質をもっていることから、融資を受けることができる金額についても高額融資が期待できます。ただし、

 

 

不動産の評価額というものは年々下がっていきますのでそれほど高く評価されないケースもあります。


また、適用される金利についても家という担保が設定されている関係からかなり低金利で利用することができる場合がほとんどです。そうじゃないと家を担保にするリスクだけになってしまいますよね。

 

家を担保にお金を借りる場合の返済期間についても、かなり長期の設定が可能となっており、不動産担保ローンによっては30年という返済期間を選ぶことができる場合もあります。

 

このあたりは担保が設定されているだけでなく、融資を受けることができる金額が高額であることも関係しています。不動産担保ローンで融資を受けたお金の利用目的ですが、基本的には特に制限はなく、レジャー目的など自由に使うことができます。

借り換えを不動産担保ローンでする

編集部で一番のおすすめの不動産担保ローンの利用の仕方は、消費者金融などのカードローンの借り換え・おまとめローンとしての利用です。

 

無担保の借り換え・おまとめローンよりも低金利になっていますので、おまとめローンとしての利用も一考すべきです。

お金を借りる先を選ぶメニュー目次
今すぐお金を借りたい
収入のない専業主婦OK
パート・アルバイトOK
学生・主婦OK
高額借りたい
在籍確認の電話を回避したい

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関