カードローンの利用目的は少額の範囲が望ましい理由

カードローンを利用する場合、いくらまで借りることができるかというのは誰もが気になるところですが、利用可能な上限金額がカードローンを測る指標となるケースもあります。とはいえ、カードローンを利用するうえで重要なのはいくら借りられるかということよりも

 

 

自身が無理なく返済できる金額はいくらまでなのかということです。


返済が見込める利用目的であることがベスト

カードローンの利用目的というのは基本的に自由なので、どんな目的であっても返済することができるのであれば特に問題ではありません。それでもカードローンの利用においては高い金額が必要な目的で借入を受けることは避けた方が良いでしょう。

 

 

利用目的で高い金額が必要となる場合は・・・


カードローンでは初回から借入を受けることができる金額に限りがありますし、高い金額が必要な目的でお金を借りるという事であれば

 

 

それに応じた目的別ローンを利用した方が良いです。


また、カードローンというものは融資を受けた分に対してはその後必ず返済をしなければなりませんので、遅れることなく返済できる範囲でお金を借りる事が大切です。そうなるとカードローンを利用する目的についても少ない金額で実現できる理由にしぼられてきます。

カードローン利用の向き不向き

例えば、今月支払いが多くてクレジットカードの引き落とし残高が足りないかもしれない、あるいは旅行に行きたいけれどそのためのお金が足りない、こうした理由はカードローンの利用目的として代表的なケースです。逆に、

 

 

  • 車の購入資金として利用したい
  • 不動産の取得に利用したい

という目的についてはカードローンでお金を借りるための目的としては特に問題ではありませんが、誰もが借りられる金額かどうかという意味で不向きといえるかもしれません。消費者金融の場合は年収の3分の1を超えてお金を借りることができませんので、

 

 

借りれないと申込んでもしかたがないしなぁ・・・


この点からもあまり高額の融資を受けることができず、利用目的としてもその範囲でできることに限られます。そう考えると、カードローンの利用目的としては少ない金額の範囲で使うことが望ましいといえるでしょう。

お金を借りる先を選ぶメニュー目次
今すぐお金を借りたい
収入のない専業主婦OK
パート・アルバイトOK
学生・主婦OK
高額借りたい
在籍確認の電話を回避したい

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関