緊急小口資金貸付でお金を借りる

生活費などが足りなくなった時などに利用することができるものが緊急小口資金貸付という制度です。この制度では、例えば、医療費の支払いなどに利用することができるもので

 

 

無利子で利用することができる仕組み


です。尚、この緊急小口資金貸付の融資対象はカードローンなどと異なり

 

 

個人ではなく世帯に対して融資を行う


こととなります。緊急小口資金貸付で融資を行うことができる金額は上限で10万円までとやや少なめではありますが、それでも無利子で利用することができることを考えると、メリットは少なくないといえるでしょう。

緊急小口資金貸付を利用できる条件

そんな緊急小口資金貸付を利用することができる世帯には一定の収入制限といった基準が設けられており、あくまでも

 

 

低所得世帯への融資であることを想定


しています。また、10万円迄とはいえ無利子で貸付を行うことから貸付を行う利用目的についても様々な基準が設けられています。

第一に緊急性が高い状況であること

急病やけがなどで病院に診察してもらわなければならないが、収入が途絶えてしまった状態などがそれに該当します。このような場合は、すぐにでもお金が必要な状態ではありますが、そのお金が現状では収入が途絶えてしまったために用意することができない場合は利用することができます。

第二に利用目的は医療費や生活費などのように必要な資金であること

たとえば旅行に行きたいがそのためのお金が足りない等の理由では緊急小口資金貸付を利用することはできません。

第三に返済できる見込みがあるということ

この緊急小口資金貸付は、無利子で利用することができるとはいえ、貸付であるということに変わりはありません。そのため、貸付を受けたお金に対しては返済する必要があるのですが、この返済について問題なく行うことができることが重要です。

 

もしも返済できる見通しがないと判断された場合にはこの制度を利用してお金を借りることはできなくなりますので注意が必要です。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関