本来とは異なる目的でカードローンに申し込んだ場合

お金を借りたい目的というものは人それぞれ異なるものです。また、実際にカードローンを利用する人の年齢層によっても融資を受ける金額や目的というものは変わってきます。例えば20代や30代など比較的若い層の場合、カードローンを利用する目的や理由としては

  • 遊興費
  • 交際費

といったいわゆる遊ぶお金目的でお金を借りたいと考える人が多い傾向にあります。これが40代以上になってくると、カードローンの利用目的としては生活費で不足した金額を補うといった目的が中心となってきます。

利用目的が異なる場合の考え方

そんなカードローンの利用目的ですが、基本的には何に使っても良いというのが主な特徴となっています。中には事業資金には使えないといった例外こそあるものの、原則として自由ということなので、誰でも手軽に融資を受けることができることにつながっています。

 

ではもしもカードローンの融資を受ける際に本来とは違う利用目的で申し込んだ場合、どうなるのでしょうか。例えば、本来なら遊興費目的でカードローンから借入を受けようとして、実際に申し込む際には利用目的として生活費目的として申告した場合です。

 

 

本当は遊行費に利用したいんだけど・・・


実はこの場合、利用目的が異なっているという理由だけで審査に通らないということはありません。カードローンの審査では、

  • 既存の借入の有無
  • 年収の金額
  • 勤務実態

など様々な項目に対して確認が行われますが、これらの項目に対して真実と異なる情報で申し込んだ場合は審査に通ることが難しくなります。しかし、これらの情報とは異なり使用目的についてはそれが真実かどうかを調べることは事実上不可能です。

 

使用目的を限定していないため、その使用目的を証明する書類などを用意する必要がないのも関係していますが、利用開始後に使用目的について追跡調査をするということも現実的ではありません。

 

このようにカードローンの利用目的については審査で本来とは異なる目的で申し込んだとしても特に大きな影響はないといえます。

お金を借りる先を選ぶメニュー目次
今すぐお金を借りたい
収入のない専業主婦OK
パート・アルバイトOK
学生・主婦OK
高額借りたい
在籍確認の電話を回避したい

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関