利息制限法とは?

利息制限法というのは、この金額ならこの金利までしか適応してはならないと決めている法律であり、貸金を行っている場合はこの法律を守ることが条件となります。利息制限法を超える金利でお金を貸している場合、超過している分はすべて無効となり、仮にお金を受け取っている場合は返還請求が可能となります。

利息制限法の定める上限利息

10万円未満 年20%
10万円以上で100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

なぜこの利息制限法を超える金利が以前はばかっていたかと言うと出資法と利息制限法の二つの法律で金利が規制され、金融業者で法律の解釈をして間の金利(グレーゾーン)を作り出したことに発端があります。
もちろん金融業者としては高金利で貸したい訳ですからこのグレーゾーンで貸し出すことになる訳で、それでもお金に困っている方は借りてしまうということになってしまっていたのです。

過払い金の借主側の勝訴が相次ぐ

利息制限法を遵守を訴える借主側の超過支払利息の返還請求、これが過払い金と呼ばれるものであり、もし発生しているのであれば現在では早々に返還請求で取り返すことができます。会社側も利息制限法を守ることが必要なことであり、守っていなければ後に処罰の対象となります。

個人でも利息制限法を遵守しなければならない

また個人でお金を貸している場合でも、利息制限法を守っていないと判断されれば刑罰の対象となり、高い金利で貸していたという理由で逮捕され報道されたケースも結構あります。そのため利息制限法を守ることは当然のことであり、業者側もその範囲内に収まるようにしています。

よく見る法律事務所のCMがこれ

ただ過去と現在では利息制限法の数字が異なっており、過去に借りている物が現在だと超過分に該当していることがあります。この場合も過払い金として返還請求を行うことが可能なので、色々な法律事務所が過払い金を取り戻してみませんかというアピールをCMでしているのです。

 

利息制限法の定める上限利息を守っていなければ過払い金となります。殆どの業者はこの最大値を考えて金利を決定していますが、それよりも低くしないと利用してくれないので、更に金利は低く設定されます。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関