イレギュラーな理由でお金を借りる場合

お金を借りる理由というものには、そのための状況というものも関係してきます。例えば、お金を借りなければならない状況というのはほとんどの場合急な出費という場合です。

  • 冠婚葬祭の後の生活費
  • 急に飲み会に誘われた場合の費用

いわゆるイレギュラーな状況であること、これがお金を借りるうえでの状況として基本的な状況といえるのではないでしょうか。

イレギュラーな状況とは?

 

収入が減ってしまって毎月の公共料金の支払いが難しくなった場合は・・・


実はこの場合というのは、イレギュラーな場合に違いはないのですが、お金を借りる際にはかなり慎重に考える必要があります。それは、収入が減ってしまった状況というのが、

 

 

  • 今後もずっとその状況なのか
  • 一時的なものなのか

ということによって変わってくるからです。確かにお金を借りることで急場はしのぐことができるかもしれません。しかし、収入が少ないという状況が今後も続くのであれば一時的にしのぐことができてもその後の返済に影響することになります。

お金を借りる場合は慎重に判断する必要がある

お金を借りる理由については、こうした自身の状況というものについて考えておくことが大切です。特に転職や異動などで自身の収入が減ってしまう可能性が高い場合には、安易にお金を借りるという選択肢は選ばない方が賢明といえるかもしれません。

 

 

どんな場合に利用するのが適切なんだ・・・


逆にたとえば引っ越しなどで一時的に支出が増えてしまい、その後の公共料金の支払いなどで必要なお金が足りないといった場合にはお金を借りるといった理由としては適切なものといえます。この場合は、支出が増えるのはあくまでも一時的なものであり、

 

 

その後の収入の金額が変動しない場合であればお金を借りたとしても返済に困らないので適切です。


お金を借りる理由としては殆どの場合イレギュラーな理由によるものです。その為、このイレギュラーという理由の中身についてはしっかりと確認したうえで本当にお金を借りるうえで適切な理由かどうかを判断することが大切です。

お金を借りる先を選ぶメニュー目次
今すぐお金を借りたい
収入のない専業主婦OK
パート・アルバイトOK
学生・主婦OK
高額借りたい
在籍確認の電話を回避したい

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関