利用目的として認められない理由

カードローンには様々な特徴がありますが、そのひとつに融資を受けたお金の使用目的は原則として自由です。つまり、

 

 

カードローンを利用して借りたお金は基本的には何に使っても良いということです。


だからといって利用目的については何でも良いというわけではありません。まず、利用目的として認められないものといえるのが

事業性資金です。例えば、

  • 自営業
  • 個人事業主の人

が事業の運転資金としてカードローンから借りたお金を利用することはできないということです。

これは自営業や個人事業主の人がカードローンを利用することができない、ということではなく、あくまでも利用する目的は個人的な目的の範囲でのみ可能という意味です。

個人的理由で認められない利用目的とは?

また、個人的な理由であっても融資が認められないケースというのもあり、そのひとつがギャンブル目的の資金を借りる場合です。カードローンの審査では融資を行った相手が返済してもらえるかどうかを確認し、問題ないと判断できた場合に融資を行います。

 

 

返済すれば問題ないのでは・・・


安定した収入を得ていることが利用条件として設定されているのも、返済能力を確認するための判断基準ですが、利用目的でギャンブルに使うという理由は返済されない可能性が高いと判断されることになります。また、

 

 

投資目的でお金を借りる場合も同様に利用目的としては評価が低くなる要因


のひとつです。これらの理由は融資を行ったお金を元手に増やすということが目的となっていますが、逆に減ってしまう可能性もあります。その為、返済される見込みがかなり低くなる為、カードローン業者としても融資は避けたいと考えられてしまいます。勿論、

 

 

この利用目的については実際のところ業者側で確認する方法はありません


ので、レジャー目的と答えておいて実際にはギャンブル目的で利用するといったこともできてしまいます。ただし、融資を受けたお金は必ず返済をしなければなりませんので、無理なく利用できる範囲で借りることが基本となります。

お金を借りる先を選ぶメニュー目次
今すぐお金を借りたい
収入のない専業主婦OK
パート・アルバイトOK
学生・主婦OK
高額借りたい
在籍確認の電話を回避したい

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関