利息というものが必要な理由

お金を借りた場合、その分については返済をしなければなりませんが元金とあわせて支払う必要があるのが利息です。この利息ですが、キャッシングでお金を借りた場合だけでなく、住宅ローンなど各種ローンを利用する場合には必ず発生するものとなっています。

 

親や友人とお金を貸し借りをする場合というのは例えば5,000円借りたらそのまま5,000円を返せば済むような場合が多いのではないでしょうか。しかし、銀行などの金融機関はもちろんのこと、消費者金融などからキャッシングを利用する場合というのは

 

 

借りたお金をそのまま返すのではなく利息を含めて返済しなければなりません。


貸付事業には必要不可欠な利息

そんな利息ですが、何故このようなものが発生するのかといえば、銀行などの金融機関や消費者金融業者は事業の一環としてキャッシングを行っている為です。例えば、商店の場合、商品を仕入れた後、その原価にいくらか上乗せして販売します。

 

この売価と原価との差額が利益となりますが、キャッシング業者の場合、取り扱う商品がお金ですので、

 

 

利益を得るための仕組みとして利息というものが必要なのです。


もしも、キャッシング業者が融資を行ったお金をそのまま返済してもらったとしても、そこには利益はありません。商店にたとえるなら原価で仕入れてそのまま原価で販売するというようなものです。

お金の貸し借りにもコストは発生する

  • 融資を行うにあたっての審査にかかるコスト
  • ATMを維持管理するためのコスト

などキャッシングというビジネスを運営するためには様々なコストがかかりますが、これらのコストは利用者が支払う利息によってまかなわれています。この利息はキャッシングを利用する先ごとに異なる金利によって決定されるものとなっていますので、

 

 

金利が低くなればそれだけ支払う利息も少なくなるという仕組みです。


利用者にとってはできるだけ支払う利息は少なくしたいところですが、この利息というものがなぜ必要なのか、ということを考えておくとさらにキャッシングの利用も違った見方ができるのではないでしょうか。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関