お金を借りられない人はどんな人

お金を借りるにあたり、最も大切なことは

 

 

返済するあてがあるかどうかです。


この点が特に重要となるのが消費者金融や銀行などのように「外部の業者」を利用してお金を借りる場合です。この場合、お金を借りるということはその業者との「契約」ということになり、この契約には借りたお金は自由に使えるものの、その分については必ず返済しなければならないという条項が盛り込まれます。

 

したがって、借りたお金を返さなければ契約違反ということになるため返済しない場合には当然ながらペナルティが課せられることになります。もっとも、融資を行う業者からしても返済がされないことがわかっている相手にはそもそもお金を貸すということをしません

仕事をしていない人は基本的にお金を借りれない

ではどういった人が「お金を借りる」ことができないのかといえば、ひとつは「仕事をしていない人」です。借りたお金を返済するためには、その人にある程度の収入がなければなりません。

 

毎月一定の収入があれば、その中から返済に回せる分があると判断することができますが、もしもそうでなければいったいどうやって返済してもらえるのかと業者は不安になります。返済されなければ業者は回収しなければならないため、こうした手間がかかるだろうとわかっている相手には最初からお金を貸さないというわけです。

貸金業者は利息を回収する事で生業を立てている

また、消費者金融業者や銀行にとっては融資を行ったお金とともに利息も含めて払ってもらうことで利益を得ています。返済されなければその分の利益もないということになりますので、

 

 

最初から融資をしない


という選択をすることになります。仕事をしていない人の場合は、こうした消費者金融や銀行などを利用してお金を借りることはできませんので、別の方法を探すことになります。

 

とはいえ、収入がない状態でお金を借りても早晩返済に行き詰まることになりますので、まずは少ないながらも安定した収入が得られるような状況を作り出すことを考えるようにしましょう。お金を借りるのはそれからでも遅くはありません。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関