借りたお金が返せなければどうなる?

借りたお金というものは必ず返済しなければなりませんが、もしも返すことができなくなればどうなるのでしょうか。カードローンをはじめとするキャッシングの場合、融資を受けた金額に対しては毎月少しずつ分割で返済するという方式となっています。

 

そのため、毎月の返済日に支払いが遅れた場合は滞納ということになり、まずは業者側から連絡が入ります。とはいえ、いきなりドラマなどであるような黒ずくめの強面の人が家や職場にやってきて取り立て・・・などということはありません。

 

 

返済できなくなったら怖い取立てがあるのかなぁ・・・


基本的には1回程度の滞納であればうっかり忘れていた可能性もあることからそれだけで大事になることはなく、その後すぐに入金すれば特に問題はありません。但し、

 

 

その後も滞納を繰り返すと支払いを催促する書類が届けられます。


この書類は申し込んだ人の住所だけでなく、実家が別にある人であればその実家にも送られることになりますので、家族にキャッシングの利用を内緒にしている場合にはこの段階でばれる可能性があります。また、

 

 

返済の滞納が続くと遅延損害金というペナルティも発生します。


これは、所定の利率を加算したもので、この遅延損害金を本来返済しなければならない金額に加えて支払う必要があり、これを支払わなければ滞納の状態を解除することはできないのです。

お金を返済しないデメリット

さらに、この段階で返済をしたとしても、個人信用情報機関には返済を滞納したという実績が登録されてしまいます。この情報については、カードローンの新規利用の場合は勿論、その後

 

 

  • 住宅ローンなどを利用する場合
  • クレジットカードを発行する場合

にも必ず確認されることになります。言うまでもなく返済を滞納したという実績が登録されてしまうと、住宅ローンやクレジットカードの審査でもマイナス材料となってしまいますので、デメリットしかありません。

 

 

こんなことになるんなら借りる前によく考えるべきだったかも・・・


キャッシングの返済ができなければ各方面に様々な影響を及ぼすことになりますので、お金を借りる前にしっかりと考えることです。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関