キャッシングとは契約行為であること

お金を借りるための方法には様々なものがありますが、いずれの場合も理解しておきたいのがキャッシングとはあくまでも契約である、という点です。消費者金融業者をはじめほとんどのキャッシング業者が20歳未満の未成年者を融資対象としていないのも、

 

 

契約行為であるという点が関係しています。


未成年者の場合は契約行為ができないというわけではなく、保護者が取り消すことができるという性質をもっていますので、こうした理由から未成年者は融資対象となっていないのです。

返済しない行為は契約違反となる

キャッシングが契約行為であるということで注意したいもうひとつの点は、返済されなければ契約違反となるという点です。契約の中には融資を行ううえで重要となる既定も盛り込まれており、例えば、

 

 

  • 適用される金利の範囲
  • 融資可能な金額

などの既定があります。その既定に沿って融資を行っているのですが、そこには当然ながら

 

 

返済されなかった場合のペナルティについての既定もあります。


基本的には遅延損害金という名前である場合が多いのですが、融資を行った結果返済されなかった場合既定の利率を加算した金額を返済する必要があるといった内容となっています。また、融資を受けたお金に対しては

 

 

  • 毎月いつまでに返済するのか
  • 毎月最低でもいくら返済しなければならないのか

といった融資契約後の利用について細かい点にいたるまで契約条項には盛り込まれています。この場合もその通りに履行されなければ契約違反とみなされ結果的にペナルティを負わされることにつながります。

キャッシングはお金を借りる契約行為であることを常に意識しておくことが重要

キャッシングの利用に際しては即日融資が可能だったり、審査結果が出るまでがスピーディなものだったりと誰でも手軽に利用できる環境が整えられています。その為、ついつい気軽に利用してしまうというケースも多いのですが、実際に利用するにあたっては

 

 

契約違反とならないように常に意識して利用することが大事なんだよね・・・


キャッシングというのはあくまでもキャッシング業者との間で契約を締結しているということを理解しておくべきです。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関