郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる

郵便局からお金を借りる方法はいくつかあり、そのうちの1つがカードローンの「したく」です。これは実際にはスルガ銀行が提供しているカードローンで、ゆうちょ銀行からの申込み専用に用意されています。

何故スルガ銀行のカードローンを扱っているの?

 

 

ゆうちょ銀行は代理業者になっているだけです。


なので、申込み時の審査も実際の融資も全てスルガ銀行が行っており、勿論返済もスルガ銀行に対して行います。このカードローンを

 

 

利用できるのは満20歳から70歳までの安定した定期的な収入のある人です。


申込み方法は3通りあり、

  • ゆうちょ銀行のWEBサイトから申込む方法
  • 電話で申込む方法
  • ゆうちょ銀行の店頭で直接申込む方法

です。どの方法で申込みを行った場合でも、借入れを行えるのは審査に合格してキャッシング用のカードが発行された後になります。

カードローンの「したく」でお金を借りる上での注意点

指定した銀行の口座まで振込みを行ってもらうようなことはできません。カードの発行を受けた後はそのカードを利用して、ゆうちょ銀行やスルガ銀行のATMをはじめ、全国の提携先の各種のATMで借入れ、及び返済が行えます。

お金を借りることが可能な金額は?

 

 

最大限度額は500万円ですが初回の借入れ時には300万円が上限になります。


金利は年利7.0%から14.9%で、これは借入れ金額によって上下します。尚、スルガ銀行では「リザーブドプラン」という独自のカードローンも用意していますが、この「したく」とは別物になります。

郵便局のその他の貸付について

このカードローンを利用する場合はスルガ銀行に直接申込みを行う必要があります。郵便局ではその他に、財産形成貯金担保貸付という融資を行っています。これを利用すると、

  • 財形定額貯金や財形年金定額貯金
  • 財形住宅定額貯金

を担保にして、その担保の金額の9割まで最大300万円の借入れが行えます。また貯金担保自動貸付という

  • 担保定額貯金
  • 担保定期貯金

を担保にして受ける融資や、

  • 郵便局かゆうちょ銀行より購入した利付国債
  • 個人向け国債

を担保にする国債等担保自動貸付という融資も行っています。これらの融資は共通して通常貯金の残高が不足した際に自動的にその分が借入れになるという特徴があり、

 

 

  • 貯金担保自動貸付の場合は担保になる貯金の9割まで最大300万円
  • 国債等担保自動貸付の場合は担保にした国債の金額の8割まで最大200万円

の借入れを行うことができます。


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関