総量規制とその例外とは?

金融業者より融資を受ける際に適用される貸金業法の中に総量規制というものがあり、

 

 

これは主に年収の1/3を超える融資は出来ない


受けられないという規定です。現在の総量規制は平成22年6月より試行されており、これが適用されるのは

 

 

  • 消費者金融系
  • 信販系

のノンバンクの各金融業者です。この規定は1社からの融資額ではなく融資の合計額に適用されます。

例えば年収が300万円の人の場合、

  • 消費者金融のA社から50万円
  • 信販系B社からカードローンで50万円

の融資を受けている場合、合計で年収の1/3の100万円に達しますのでこれ以上の融資は受けることが出来ません

この総量規制には例外がある

この総量規制には例外もあり、その1つがおまとめローンなどの借り換えです。おまとめローンは文字通り、数社からの借り入れを1本化して完済を目指す為のものです。

これは『顧客に一方的利益のある借り換え』に当たり、総量規制の例外となり、審査に通れば年収の1/3以上の借り入れが可能です。

ですがこのおまとめローンには注意点があり、現在の借り入れ総額をまとめて完済を目指す為のものなので

 

 

このローンを組んだ後に新たな借り入れは行えません。


もし行ってしまうと一括返済を求められる場合もありますのでご注意ください。

総量規制の対象外の借入にはどんなものがある?

総量規制の対象外の借入には銀行からの融資があります。消費者金融系や信販系の金融業者と銀行では貸金業法上の扱いが違い、

 

 

銀行は銀行法によって規制されるので総量規制の対象にはなりません。


この総量規制で定められているのは融資の上限額だけではなく、

  • 無担保・保証人無しでの融資は収入がある人
  • もしくはその配偶者(収入がある方の同意がある場合)に限る

という項目もあります。専業主婦のように収入がない人はこれに該当してしまう為、

 

 

消費者金融系や信販系の業者から融資を受けることは出来ません


が銀行からであれば総量規制の対象外になる為、融資を受けることが可能です。

 

厄介な規定だと思われるこの総量規制ですが、おまとめローンのような特別な借り入れは対象外となり、また収入のない人でもその対象外となる銀行からのローンを利用することで融資を受けることが可能になります。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関