年金受給者だけどお金を借りたい

年金受給者だけど面倒な手続きなしで申込めるカードローンでお金を借りる

消費者金融などでは利用可能年齢を60歳や65歳までとしているため、年金受給者は借りる事が出来ない場合が多いのですが、年金受給者なら年金を担保にしてお金を借りられる融資制度が利用できますが、

 

 

なんとか面倒な手続きなしで今をしのげればすぐ借りてすぐ返したい。


消費者金融の年齢制限と年金収入のみの年金受給者への対応
カードローン 申込年齢制限 年金収入のみの年金受給者への対応
プロミス 年齢20〜69歳 明記はないが安定収入がないと申込めない
アコム 年齢20歳以上69歳まで 年金受給以外に安定した収入と返済能力を有する方
モビット 年齢20歳以上69歳以下 明記はないが安定収入がないと申込めない

 

このように年金収入のみの年金受給者は消費者金融に申込めません。


 

逆に年齢制限に抵触せず、アルバイトなどで安定収入があれば消費者金融に申込めるのです。


>>年齢制限に抵触せずアルバイトなどで安定収入があるので消費者金融に申込む

数は少ないが年金収入だけでも申込める銀行カードローンがある

消費者金融が年金収入だけでは申込めないのは説明しましたが、編集部が調査したところ年金収入だけでも申込める銀行カードローンがある事が判明しました。

 


年金を担保にしてお金を借りる

年金担保貸付事業といって、余り知られていませんが法律できちんと認められている制度です。融資限度額が250万円までと決められており、

 

 

  • 臨時に生活費が必要になった場合
  • 生活必需品購入
  • 介護やリフォーム
  • 冠婚葬祭

など利用目的がはっきりしている時に利用できます。利用する場合には

 

 

利用目的やどのくらいの金額が必要かがわかる書類を金融機関に提出する必要があります


が、10万円以下の場合には見積もり書は必要ありません。出費が多くなってその月の生活費が不足した時や、病気やケガの為治療費や家のリフォームが必要になった場合に活用できます。

 

利率が1.8%と低いのが特徴で、収入が減った年金受給者でも利用しやすいというメリットがあります。

 

 

  • 厚生年金
  • 国民年金
  • 労災年金

を担保に借りる事ができ、労災年金担保の場合は利率が1.1%となっています。

 

年金の額によって融資限度額は違っており、1回の融資で利用できる金額は年金支給額総額の0.8%以内です。年金が振り込まれている銀行や信用金庫などの窓口で申し込めば利用できます。

 

返済は事業を行なっている独立行政法人福祉医療機構に、年金支給機構から直接される事になっており、返済した残りの金額が年金として支給されます。

お金を借りる先を選ぶメニュー目次
今すぐお金を借りたい
収入のない専業主婦OK
パート・アルバイトOK
学生・主婦OK
高額借りたい
在籍確認の電話を回避したい

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関