信用情報機関とは何か?

 

信用情報機関とは、クレジットカードやローンを組んだり契約をするときに重要な個人情報を管理してくれている機関の事を言います。


クレジットカードや住宅ローンやマイカーローンなどを契約するというときには、高額なお金を借り入れるということから、きちんと支払いをしてもらわなくては、クレジット会社やローン会社は困ってしまうため、契約をするときには契約者が支払いのできる人物であるかどうかを判断する必要があります。

クレジットカードやローンを組むときには契約書や申込書などに個人情報を記入してもらうことで記入された、

 

 

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日

などを元にこれまでに支払いの延滞がないか滞納がないかなどを調べることができるのです。

 

その為、支払い能力のない人物はクレジットカードやローンの契約をすることはできなくなるため、信用情報機関にて個人の契約内容から支払い状況などを管理してくれているおかげで、信用情報機関に加入している会員であるカードローン業者やクレジットカード会社などは、

 

 

支払いが行われないというリスクを回避することができるという仕組みとなっています。


ですが、信用情報機関に加入をしている会員には、利用者の情報を前もって知ることができるというメリットはあるものの、クレジットカードやローンの契約をしたいという者にとっては、これまでに一度でも支払いが滞ってしまった経験があれば、クレジットカードなどの契約をすることができなかったりします。

 

 

僕の信用情報はどうなっているのかな?


その為、信用情報機関にてあらかじめ自分の情報を知ることができるため、なにか不安な点があった場合には、自分でも調べてみることが大事です。

株式会社シー・アイ・シーの情報開示方法

信用情報機関であるCICの情報開示(自分の信用情報を確認)の申込方法は全部で5種。

 

 

  • パソコンで開示
  • スマートフォンで開示
  • 携帯電話で開示
  • 郵送で開示
  • 窓口で開示

赤字のインターネットを使って情報開示を請求するのがスピーディーで手間が掛からない方法になります。

開示方法 開示スピード 受付 用意するもの 手数料
インターネット開示 即時に確認できる 毎日8:00〜21:00 カードローン・クレジットカード契約時に利用した発信番号を通知できる電話 クレジットカード一括払い 1,000円
郵送開示 申し込みから10日程度で確認できる 郵送するので随時 開示申込書と本人確認のできる必要書類 ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書 1,000円
窓口開示 その場で開示 平日10:00〜12:00 13:00〜16:00 本人確認のできる必要書類 現金 500円

郵送には時間が掛かりますし、ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書を用意するのも面倒です。CIC開示窓口(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡)にいくのも現実的ではありません。やはりインターネット開示が便利になります。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関