お金を借りることが就職に及ぼす影響はある?

お金を借りることそのものは最近では誰でも手軽にできるようになっています。消費者金融や銀行などに相談すれば、たいていはその日のうちにお金を借りることができるでしょう。(もちろん与信があればですが)

 

とはいえ、「お金を借りる」ということに対する世間のイメージというものはまだまだ決して認知されているとは言いがたいものがあります。そのため、

 

 

お金を借りていることによって就職などで不利になる可能性があるのではないか?


と考える人も少なくありません。最近では学生でもアルバイトをしていればお金を借りることができます(安定収入があれば)ので、こうした事実があることについて不安に感じる人もいることでしょう。ではこの点についての検証ですが、基本的に

 

 

「お金を借りている」という事実が就職に失敗する理由と考えているならそれは違う話です。


そもそも「お金を借りる」という事実は外部にはもれないようになっているので、お金を借りたからといって即就職に響くといったことはありません。ただし、全く問題にならないかといえば必ずしもそうではなく、その場合というのが

 

 

「返済できなかった場合」です。


返済できなければ業者からすれば催促をしなければならず、その場合には家族にも及ぶ可能性があります。また、就職先によっては個人情報信用機関にその人の経歴を確認することもあり、こうした場合には滞納したという経歴が就職先に知られてしまう可能性もあります。

 

当然ながらお金を借りることよりも借りたお金を返済できなかったことの方がイメージとしては悪化しますので、その結果就職の際に不利になるといったケースはあるかもしれません。

 

ただし、これらはあくまでも返済できなかった場合です。お金を借りること自体はそれほど重視しないという場合が多く、

 

 

毎月滞納することなく返済を続けていれば就職で悪影響を及ぼすといった可能性はほとんどありません


業者との契約や法律的な理由もありますが、こうした意味も含めて、借りたお金は確実に返済するように心がけましょう。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関