生命保険でお金を借りる方法

あまり知られていないが積み立て型の生命保険でお金が借りれる

担保は、自分の積み立ててきた保険料保険でお金を借りられることは、あまり一般的になっていないため、経営者でさえ知らない人が多いのですが、保険会社も金融機関。

 

実は比較的簡単に借りることができます。担保は、自分の積み立ててきた保険料です。銀行で定期預金を担保に借りるのと近い意味合いで、『契約者貸付制度』、業界では

 

 

「短貸し(たんがし)」


と呼ばれています。

通常ローンよりも圧倒的に金利は低くなっている

生命保険でお金を借りる場合は通常ローンよりも圧倒的に低金利になっていますが、保険会社によって規定は微妙に違います。ある程度の年数(最低でも1年以上)、積立型の保険に加入していれば、

 

 

その総額の9割くらいまでを借りることができる


のです。言わば、自分のお金を自分で借りるわけですから、普通のローンを借りるよりも圧倒的に有利な設定になっています。

 

「自分のお金を借りる」とは言え、保険契約はそのまま生きるので、お金を借りるということには違いはありません。したがって、金利もかかりますが、一般的ローンよりもかなり低めに設定されています。契約者貸付制度の貸し付け金利は、加入している保険の「予定利率(運用利回り)」よって異なるので、一概には言えませんが現在はだいたい

 

 

3%〜4.5%くらいでしょうか


生命保険でお金を借りるメリットはまだある

返済は自由契約者貸付制度の大きなメリットとして、返済期限が決まっていないことが上げられます。ローンやクレジットのように

 

 

毎月定額で○○○円ずつ返済してください。


とかいったこともありません。種類によっては、年間に発生する金利を支払えば、保険満期までずっと借りていることもできます。ようするに、

 

 

満期の金額から差し引かれている


という考え方です。むろん、保険契約は生きていますから、毎月の保険料は払い続けなければなりませんが、たとえばそのまま解約してもなにがしかのお金をとられることはありません。

生命保険でお金を借りる場合の手続きは意外に簡単

手続きは意外に簡単契約者貸付制度の利用は、積立型の保険に加入しているかたなら誰でも、比較的、簡単に申し込むことができます。手順としては、

  1. 保険会社に電話
  2. 住所氏名を証明できるものを用意(会社によって保険証券が必要な場合も)
  3. 必要申し込み書類を書く

だいたいこんなところ。融資されるまで、だいたい1週間ほどかかるのが普通です。なお、全ての積立保険に契約者貸付制度が付いているわけではありませんので、一度は確認をしてください。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関