国債にも多少なりのリスクはある

国債というのは国が発行している債券ですので基本的に破綻しない限りは元本が保証されている債券です。しかし破綻するリスクは当然あると考えなければならず、特に海外の国債を購入する場合には注意が必要となります。

 

 

国債にリスクがないと考えるのは間違いです。


その国が安定していないとなれば、

 

 

元本は保証されていないのかなぁ?


元本が保証されない状態となってしまい、破綻した場合は利益どころか元本すら満足に返ってこない状態となってしまいます。これが国債のリスクと呼ばれるものであり、ちょっとした失敗で結構大きな不利益を買うことになってしまいます。

価格変動によるリスク

またあまり多くはないのですが、満期ギリギリになると売却しようとすると、市場金利によって一時的に価格が変動する可能性があります。これは個人向けの国債ではあり得ないことですが、それ以外の国債ではあり得る話なのです。

 

 

破綻のリスク以外にリスクはないのかなぁ・・・


価格が変動することによって、元本割れする恐れが出てくるため、この方法だとあまり利益を確保することが出来なくなります。これらが国債のリスクと呼ばれるものであり、基本的にリスクについては低いものの万が一の可能性は当然あると考えるべきです。

 

 

リスクになり得るケースとして満期前に売却しようとすると債券価格の変動によって額面割れしてしまうケースです。


日本のようにある程度安定している国であれば、国債のリスクは全くないに等しい状態といえますが、海外の中には非常に厳しい状況に追い込まれている国がある為、国債を購入すると元本割れの危険性が非常に高くなっている所があります。

 

色々なリスクを考えて、最終的に購入するかどうかを考えなければなりません。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関