外貨預金をはじめるにあたっての2つの注意点

外貨預金の注意点は為替の変動による差損とペイオフの対象外の商品であることだといえます。因みに外貨預金とはドル、ユーロ、オーストラリアドルといった外国の通貨建ての預金を行うことで、金利を比較すると円で預金をするより一見ずっとお得に見えます。

 

 

実際に円高時に預けて円安時に引き出すことができれば為替レートが変動することで利益を得ることもできますが、その逆のことも起こりえるのが現状


で為替レートを読むことはプロでも難しいことなので、円安で預けて円高で引き出すと元金割れをしてしまい、場合によっては大きく損をすることもあると言えます。また、定期預金の場合は手数料はかからず引かれるのは利益に対して国税と地方税くらいのものですが

 

 

外貨預金の場合は預ける時と引き出す時に外国為替手数料を負担する事になります。


つまり預ける時と引き出す時に為替レートが全く同じであったとしても手数料が引かれる分、損をすることになります。

ペイオフの対象外とは?

またペイオフというのは金融機関が破綻した際に預金を保護してくれえる制度で金融機関が加入する預金保険機構が、金融機関に変わり預金金額を支払ってくれます。一つの金融機関毎に1千万円までの金額が保障されているので万が一の時でも安心だといえます。

 

つまり銀行などの定期預金の場合は最初に定められた金利で必ず利息を受けることが出来ますし、金融機関が破綻しても預金は守られ基本的に損益を被ることはありません。ですが、外貨預金は

 

 

ペイオフ対象外なので金融機関が破綻した際には預金は戻ってきません。


そういった意味では預金といっても株式や投資信託に近いということが云えます。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関