外貨預金にはやっぱりドルがお勧め

日本円の金利は少し回復してきたといっても、まだまだ微々たるものです。バブルの前頃でしたら、ある程度の貯金があれば金利生活を楽しむこともできましたけれど、そんな時代はおそらくもう当分来ません。

 

 

もう二度とバブルの時ような景気は期待できないだろうなぁ・・・


そうなると日本円の預金よりも魅力的なのは外貨預金ですね。

 

 

外貨預金を始めてみようかなぁ?


ですが外貨といっても色々な国の通貨があります。どこの国の通貨で預金をするのがお得になるのでしょうか?

外貨預金はどの通過を選べばいいの?

金利だけを見てみると、資源国であるオーストラリアやニュージーランド、新興国と呼ばれるアフリカ、ブラジルは高金利で有利になります。米ドルは金利だけを見ればずっと不利に見えますね。ですが気を付けたい点があります。

 

 

新興国の通貨は高金利で良さそうだなぁ・・・


例えどれだけ金利を貰えたとしても、日本円に戻したい時に円がその通貨に対して高くなっていれば

 

 

金利よりも為替差で損をする事があるので金利だけで通過を選ぶべきではないです。


そして資源国や新興国は為替変動も急激なことが多いですから、元本割れしてしまって資金を必要としている時に損をしてしまうから日本円に戻すことが出来ないということにも繋がります。その点、ドルは円安が進んでいる状況にあります。

 

一時期は2桁の時代をずっと過ごしてきましたが、現在は110円台前半まで回復しています。長期的に見てドル安が続いていましたが、今後は2桁までの円高に戻ってくることは当分ないと考えられます。

 

 

また、高金利通貨は高金利ゆえに為替が不安定で一年間のうちでも何十円も変動することがありますが、ドルはそれほど高金利でもなくそこまでの変動はありません。


国の安定性から言っても、アメリカが破たんしてドルが紙切れになる可能性は新興国と比べても限りなくゼロに近いですから、そういった点からも外貨預金には日本円よりは高金利だけど、資源国、新興国よりも安心できる通貨のドルがお勧めです。

 

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関