編集部集計!お金を借りる時に利用するカードローン一覧

市役所や国・ろうきん・農協などから借りるということは低金利なのですが本当に困窮している方なら時間を掛けて条件を満たしていることを証明して借りることは有効ですが、生活の困窮が理由でなく今すぐお金を借りたいという方は以下の低金利カードローンをTPOに合わせて利用するのが有効です。

お金を借りる先を選ぶメニュー目次
今すぐお金を借りたい
収入のない専業主婦OK
パート・アルバイトOK
学生・主婦OK
高額借りたい
在籍確認の電話を回避したい

絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

利用使途自由・保証人不要の低金利カードローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

今すぐお金を借りたい パート・アルバイトOK! 学生・主婦OK!

郵送物なし誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!
お金を借りるなら無利息サービスがあるのに越した事はありません。プロミスなら初回の借り入れから30日無利息の初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)がありますので早めに返せば低金利な銀行よりも利息が少なくなりますパート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能なので三井住友銀行や他のカードローンの保証会社も務める審査能力でしっかり審査してもらえます。
即日振込・・・平日14:00までに契約完了で手持ちの口座に即日振込可能。三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座なら24時間最短10秒で可能(瞬フリ)。
即日カード発行・・・契約完了で最寄の自動契約機で即日カード発行可能(東京圏での自動契約機台数ナンバーワン)

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

今すぐお金を借りたい パート・アルバイトOK! 学生・主婦OK!

アコムも無利息サービスである最大30日金利ゼロサービスがありますので契約日から借りると最大の30日無利息を最大限に利用できるのでお金を借りる際には便利なカードローンです。もちろんパート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能なので三菱東京UFJ銀行や他のカードローンの保証会社も務める審査能力でしっかり審査してもらえます。
即日振込・・・平日14:00までに契約完了で手持ちの口座に即日振込可能。楽天銀行口座ならメンテナンス時間以外24時間最短1分で可能。
即日カード発行・・・契約完了で最寄のむじんくんで即日カード発行可能(東京圏での自動契約機台数ナンバー2)
※主婦はパートなどで安定収入が必要です(専業主婦不可)
※学生は20歳以上で安定収入があれば利用可能

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

パート・アルバイトOK! 高額借りたい

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
モビット

今すぐお金を借りたい パート・アルバイトOK! 学生・主婦OK!

モビットももちろんパート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能なので三菱東京UFJ銀行や他のカードローンの保証会社も務める審査能力でしっかり審査してもらえます。しかし人気サービスWEB完結はパート・アルバイトでは申込めません(勤務会社発行の健康保険証が必要な為)。融資スピードと知名度と人気はやはり目を見張るものがあります。
即日振込・・・平日14:50までに契約後振込手続き完了で手持ちの口座に即日振込可能
即日カード発行・・・契約完了で最寄のローン申込機で即日カード発行可能(東京圏での自動契約機台数ナンバー4)
(※申込みの曜日・時間帯によって審査の取り扱いが翌日以降になる場合があります。)

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

オリックス銀行

高額借りたい

金利 年利 1.7〜17.8%
限度額 最高 800万円
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円
リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

専業主婦OK!

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

お金を借りる方法はいくらでもありますが時と場合によって選ばなければなりません

今すぐお金を借りたいのであればこのカードローン

今すぐお金を借りたいのであれば振込融資自動契約機でのカード即日発行があるカードローンを選ぶのがベストです。銀行のカードローンだと審査時間も掛かりますし、平日の午前中じゃないと即日振込の可能性が低いです。土日祝は不可能な所が多いですし、振込先も限定される所もありますが以下のカードローンならスピード審査・スピード融資で今すぐお金を借りたいニーズにピッタリです。

15万円を借りて5万円ずつ3ヶ月で返済した場合の利息を比較してみる
- 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 利息合計
プロミス なし初回30日無利息サービス およそ1,464円 およそ732円 およそ2,196円
アコム なし最大30日金利0サービス およそ1,480円 およそ740円 およそ2,220円
モビット およそ2,220円 およそ1,480円 およそ740円 およそ4,440円

※スマホはスライドして表を見てください
プロミス・アコムが無利息サービスの優位性で圧倒的に低いですね。あとは自動契約機の場所なども考慮して選択しましょう。プロミスは三井住友銀行のローン契約機でもカードが受け取れるのでこの中でも圧倒的な自動契約機台数を誇ります。

編集部ランキング 実質年率 借入可能額 サービス 詳細 申込
1位 プロミス 年4.5%〜17.8% 最高500万円 初回30日無利息サービス 詳細へ 申込
2位 アコム 年3.0%〜18.0% 最高800万円 最大30日金利ゼロサービス 詳細へ 申込
3位 モビット 年3.0%〜18.0% 最高800万円 WEB完結 詳細へ 申込

※スマホはスライドして表を見てください

借入枠は限定されるが専業主婦でも配偶者にばれずに作れるカードローン

パートで安定収入がなかったり、完全な専業主婦であれば借り入れるところは限られてきます。しかし配偶者に収入があるので無収入でも申込めるのです。借入枠を限定して小額に設定している専業主婦ローンであれば審査段階で旦那にばれることもありませんので内緒で申込むことができます。

20万円を借りて5万円ずつ4ヶ月で返済した場合の利息を比較してみる
- 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 4ヶ月目の利息 利息合計
スルガ銀行リザーブドプラン およそ2,449円 およそ1,837円 およそ1,225円 およそ612円 およそ6,123円
auユーザー優遇 およそ2,860円 およそ2,145円 およそ1,430円 およそ715円 およそ7,151円

※スマホはスライドして表を見てください
という結果になりました。もちろん借入口座・返済口座などの利便性も考慮しながらですが、一番気になるのはやはり利息ではないでしょうか?

編集部ランキング 実質年率 借入可能額 即日融資 詳細 申込
1位 スルガ銀行リザーブドプラン 年3.9%〜14.9% 最高30万円 手持ちの口座に最短即日融資 詳細へ 申込

パート・アルバイトOKのカードローン

パート・アルバイトでも安定収入があれば以下のカードローンで借りることができます。パート・アルバイトだとどうしても収入が低くなってしまう為

 

 

金利の低い銀行カードローンではなかなか審査に通してくれません。


ですので審査能力の高い以下のカードローンがベストになってきます。これで審査に通らなかった場合で配偶者に収入があるのであれば専業主婦としてカードローンを申込むことによって旦那に迷惑をかけずに借りることができます。

編集部ランキング 実質年率 審査能力 サービス 詳細 申込
1位 プロミス 年4.5%〜17.8% 最高500万円 三井住友銀行カードローン他の銀行カードローンの保証会社で審査能力が高い 詳細へ 申込
2位 アコム 年3.0%〜18.0% 最高800万円 三菱東京UFJ銀行カードローン他の銀行カードローンの保証会社で審査能力が高い 詳細へ 申込
3位 モビット 年3.0%〜18.0% 最高800万円 銀行カードローンの保証会社で審査能力が高い 詳細へ 申込

※専業主婦不可
※スマホはスライドして表を見てください

学生・主婦でもOKのカードローン

学生・主婦が借りるにはパート・アルバイト等で安定収入があれば以下のカードローンで借りることができます。但し学生の場合は年齢が20歳以上であるという条件が必須になってきます。パート・アルバイトだとどうしても収入が低くなってしまう為

 

 

金利の低い銀行カードローンではなかなか審査に通してくれません。


ですので審査能力の高い以下のカードローンがベストになってきます。これで審査に通らなかった場合で配偶者に収入があるのであれば専業主婦としてカードローンを申込むことによって旦那に迷惑をかけずに借りることができます。

編集部ランキング 実質年率 審査能力 サービス 詳細 申込
1位 プロミス 年4.5%〜17.8% 最高500万円 三井住友銀行カードローン他の銀行カードローンの保証会社で審査能力が高い 詳細へ 申込
2位 アコム 年3.0%〜18.0% 最高800万円 三菱東京UFJ銀行カードローン他の銀行カードローンの保証会社で審査能力が高い 詳細へ 申込
3位 モビット 年3.0%〜18.0% 最高800万円 銀行カードローンの保証会社で審査能力が高い 詳細へ 申込

※スマホはスライドして表を見てください

高額のお金を借りたい

高額のお金を借りるということは返済期間も長くなってしまうので少しでも低金利なローンを選ばないといけません。かといって市役所や国や労金などの手間と時間の掛かるところはナンセンス。以下の銀行ローンであれば

 

 

公共機関よりもスピーディーな審査で低金利で高額借入可能


ですので審査を受けてみる価値があります。

編集部ランキング 実質年率 借入可能額 詳細 申込
1位 三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5% 最高800万円 詳細へ 申込
2位 オリックス銀行カードローン 年利1.7〜17.8% 最高800万円 詳細へ 申込
3位 MR.カードローン 年0.99%〜14.79% 最高1,200万円 詳細へ 申込

※スマホはスライドして表を見てください

在籍確認の電話を回避したい

お金を借りる際の会社への在籍確認を回避する事はどんなローンでも不可能です。しかし実際に面倒なのは会社に電話が掛かってくる事ですよね?これは回避する事ができます。

 

 

プロミスなら在籍確認の電話を他の方法で済ませる相談が出来るのです!


色々な状況でお金を借りるわけですから、会社にバレて余計な詮索をされたくないと言う方はプロミスで相談してみましょう。相談の方法は簡単、

 

 

  • ネット申込後にプロミスに電話して相談する
  • 審査終了後の申込内容確認の電話の際に相談する

いずれかの手段で相談すれば対応するオペレーターが別の方法を案内してくれて会社への電話なしで在籍確認を完了する事も可能です。

編集部ランキング 実質年率 在籍確認の電話 サービス 詳細 申込
唯一 プロミス 年4.5%〜17.8% 最高500万円 相談可能 詳細へ 申込
唯一 プロミスレディースキャッシング 年4.5%〜17.8% 最高500万円 相談可能 詳細へ 申込

※スマホはスライドして表を見てください

その他のお金を借りる方法

カードローンでお金を借りる方法の最大のメリットは融資スピードが早いということです。早さにこだわらなければ様々なお金を借りる方法があるのです。

その他のお金を借りる方法目次

労金でお金を借りる

労金は、「労働金庫」の略で労働組合や消費生活協同組合などの組合員が利用することができる金融機関です。労金では預貯金などに加えてローンなどの商品も取り扱っており、低金利で利用することができるという特徴があります。

 

低金利で利用することができるローン商品なので、既存の借入の借り換えやおまとめローンとしても活用すると効果的なのですが、実際のところ労金でおまとめローンを利用するのは現実的ではありません。これは、労金のローンがおまとめローンとしての性質に向いていないというわけではなく、

 

 

労金そのものを利用することができる人が限定されているという点にあります。


言うまでもなく労金のローンを利用しておまとめローンを組むためには労金を現在利用しているというのが最低条件となります。

 

確かに低金利で利用することができるのは、おまとめローンという点においてはかなり重要なポイントなのですが、おまとめローンを利用する以前に労金が利用できる環境でなければなりません。

 

前述の通り労金を利用するためには労働組合の組合員などであることが条件なのですが、そうでない場合でも利用することは可能です。ただし、一度も労金に預金をしたことがなく、おまとめローンとして利用したいという人の場合は、

 

 

審査に通る可能性は極めて低いといえるかもしれません。


低金利で利用できるというのは魅力的なものではありますが、実際に申し込める状態になるまでのハードルも高く、仮に申し込むことができたとしても審査に通るかどうかについてはまた別の話です。

 

労金のもつ「低金利で利用できるおまとめローン」というメリットが受けられるようになるにはやや難易度が高いといえるかもしれません。

 

現在労働組合の組合員であり、労金も頻繁に活用しているという人であれば、労金を利用してお金を借りることはそれほど難しくないかもしれませんが、こうした人はそれほど多くはないことを考えると、やはり労金のおまとめローンは現実的ではないということになります。

 

銀行や消費者金融のおまとめローンの審査通らないという声をよく耳にしますが、申込む場合は自分の置かれている現状を把握しておかなければなりません。

市役所からお金を借りる方法

申請から融資まで時間は掛かるが低金利でお金を借りる方法もある

急な出費などがあった場合に、手持ちの現金だけでは心もとない時というのは少なからずあるものです。そうした場合に便利なのが、消費者金融や銀行の展開するカードローンですが、できればそういうところから借金をするのは避けたいと考える人もいます。

 

とはいえ、借金をするのは嫌だといっても現実問題としてお金がない場合にどうすれば良いかということですが、市役所からお金を借りる方法があると聞いたので調べてみました。

生活福祉資金貸付制度

市役所からもお金を借りる制度があり、展開されている資金システムは、『生活福祉資金貸付制度』というもので、こちらは個人での申込ではなく、世帯ごとに資金を利用することができる仕組みとなっています。貸付対象は、

 

 

  • 低所得者世帯・・・所得が低くて必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯
  • 障害者世帯・・・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
  • 高齢者世帯・・・65歳以上の高齢者の属する世帯

要するに、

 

 

本当に生活に困る程度の方しか借りられない


ということです。いわゆる銀行などのカードローンと異なり使途が自由というわけではなく、福祉や教育支援、不動産担保などといった目的ごとに利用するという仕組みです。ですから、

利用用途を聞かれ、さらに私的な理由(遊興費など)では借りることはできない

のです。しかし、そういった中でも福祉に関する利用目的の場合は、保証人不要で無利子で借りることができるという特徴がありますので、銀行や消費者金融で融資を受ける場合に比べかなり格安で借入を受けることができます。

 

もちろん返済義務というものはあるものの、それでもこうしたシステムがあることを知っておくと、何かの時に役立つかもしれないですね。そのほかにも公共団体などから低金利で借りれる方法があります。

国からお金を借りる方法もある

国からお金を借りる方法としては、『総合支援資金貸付』というものがあります。

 

この『総合支援資金貸付』は、国が用意するシステムのため、誰でも自由に利用ができるというわけではなく、失業などで日常生活が困難になってしまった人を対象としており、必要とされる資金の貸付を行っています。ですからこれも同様、

本当に生活に困る程度の方しか借りられない

ので普通の生活ができていて、遊興目的で借りたい方などが借りれるものではありません。

 

あくまでも『融資』であることから、返済義務は発生しますが、それでも連帯保証人が確保できればこのシステムは無利子で利用することができるということで注目を集めています。なお、こちらの資金は生活支援や住宅入居などが利用目的となっており、申請する窓口は地域ごとに設けられた社会福祉窓口となりますが、

失業しており生活が困窮で保証人が用意できる

場合に借りれるシステムだと言い換えることもできます。これは普通のカードロンを借りる時に会社に在籍確認の言い訳するより難しい条件ともいえるでしょう。

>>総合支援資金貸付とは?

お金を借りる際に問い合わせられる信用情報機関とは?

私達が消費者金融等でお金を借りる際には審査が行われますが、その際に関わってくるのが信用情報機関であります。この機関には、

 

 

  • CIC
  • JICC
  • KSC

の3つの機関が存在し、それぞれ、

 

 

  • クレジットカード
  • 消費者金融
  • 銀行

の利用に関する情報を保持していますが、これらの情報は各々の機関同士で簡単に知ることが可能です。よって、どれか1つでも問題のある利用の仕方をすることで、すべてに機関にその事を知られてしまうことになります。

 

各機関では利用者の氏名、生年月日、住所等といった基本情報の他、消費者金融等でキャッシングを行った日時、返済に関する情報、さらには債務整理に関する情報も登録されていて、消費者金融等に申し込んだ際の審査に利用されています。

 

これについてもう少し詳しく見ていくと、私達が消費者金融等に申込みをする時、消費者金融等では私達の信用情報を機関に登録或いは照会することに対して同意を求めることとなっており、同意が得られ次第、消費者金融では信用情報機関に情報の開示を求め、それを見て年収の1/3を超えるキャッシングも行わせないようにしているのです。

 

 

また、私達自身がこれらの機関に対して有料で情報を提供してもらうこともでき、氏名や生年月日といった個人情報の他、過去のキャッシングの利用状況等の照会が可能となっています。


提供してもらうための方法としては、主に郵送、インターネット、窓口の3つが挙げられますが、各々の信用情報機関によって手数料や提供の方法が異なり、JICCではこれら全ての方法が可能であることに対して、KSCでは郵送のみです。

 

ちなみに、KSC以外の機関では窓口を利用した時の手数料が500円、その他の方法では1,000円となっていますので、手数料を抑えたいなら、窓口を利用すべきです。

 

 

そして、もう1点覚えておいて頂きたいのが債務整理に関する情報であり、債務整理の種類によって保持される期間は異なります。


具体的には、任意整理の情報はJICCでのみ5年間、個人再生の情報はJICCで5年、KSCで10年、自己破産の情報はCIC、JICCで5年、KSCで10年間保持され、これらの情報が残されている限りは新たなキャッシングやクレジットカードの作成も不可能となるという点にもご注意ください。

年金受給者がお金を借りる方法

年金のみの支給で生活している方が利用できるお金の借り入れ方法として「年金担保融資制度」というものがあります。本来は民間企業が年金を担保にお金を貸付けることはできませんが、年金担保融資制度だけは貸付が認められています。

 

この制度を用いて貸付を行っているところとして、現在2つの機関が存在しています。

 

 

  • 独立行政法人 福祉医療機構
  • 株式会社 日本政策金融公庫

という機関です。借りられる金額の上限は通常の借入理由では10万円〜250万円までの範囲であり、貸付金は定められた7つの利用目的の中から選択して利用するようになっています。

 

7つの目的は「保健医療」「住宅改修等」「介護福祉」「教育」「冠婚葬祭」「事業維持」「債務などの一括整理」であり、通常の借入ではこの中から選択して利用する使用制限がつけられています。上記の7つに該当しない利用目的の場合には「臨時生活資金」という名目となり、その場合は貸付上限額が100万円までなります。

 

いずれの上限額も受給年金の年額の範囲内とされ、1回あたりの返済額の15倍までが借り入れ可能です。原則として追加の借り入れをすることはできません。また連帯保証人についてですが、原則としては必要ですが頼めるような方が居ない場合には「年金福祉サービス協会」というところに信用保証料を払うことで代役を頼むことが可能です。

 

返済に際しては1度年金全額が返済側に送金された後に、返済額を徴収した残りが年金受取者の口座に送金する手配が取られています。支払いを忘れて滞るようなことがありません。「年金担保融資制度」は銀行や信用金庫などに「独立法人福祉医療機構代理店」という表示がある場合はその金融機関から申し込みが可能です。

 

(ゆうちょ銀行、農協からの申込はできませんのでご注意ください。)リタイアした後に年金受給のみでの生活を行っている方が借入をしたい場合には、まず「福祉医療機構」に相談してみましょう。

郵便局でお金を借りる方法

基本的に郵便局でお金を借りる場合は、郵便局の口座を持っていなければなりません。口座が無いのに借りようとした場合、間違いなく口座を作ってほしいと言われてしまいます。

 

その上で定期預金か財形定額といったサービスを利用していることが条件となり、これらを利用していない場合は借りることが難しくなってしまいます。方法として挙げられることとして、まず定期預金を利用した借入が可能となります。

 

定期預金に預けているお金を、引き出しではなく借りるという方法で利用することが出来るのです。利用出来るのは1000円からとなっており、最長2年まで利用することができます。

 

この方法では預けている金額の9割までに制限されることとなり、残りの1割というのは利息などのために利用することができません。預けている金額が多いほど借りられる金額が多くなっているので、定期預金を利用している場合には結構使いやすいかもしれません。

 

もし一般の口座にお金が無かった場合、自動的に振込をしてくれる方法もあります。この場合は不足分の差額だけ借りられることとなります。なお定額預金でもこのサービスは利用することが出来るので、どちらかを持っていれば問題なく使えます。

 

もう1つが財形定額を利用する方法で、こちらも定額預金と全く同じ形で利用することができます。どちらかのサービスを利用することによって、郵便局からお金を借りることができます。上手く使えば安心できますが、審査の時に本人確認書類を出せないと、落とされることがあります。